2013年

7月

04日

Amazon.com コンビニ受け取り大失敗

Amazon.comで買ったものをファミリーマートで受け取ることがあるサービスがあることをご存知でしょうか? 日本に住所のない海外在住者が一時帰国中にネットショップで何か買う時に便利なサービスです。

 

今回は失敗談。

7月の一時帰国時に日本で使う日本通信のSIMを出先で受け取るためにこのサービスを使ってみましたが、これがちょっとおかしな結果に。

まず、コンビニ受け取りの条件は、商品のコンビニ到着日を0として10日以内に引き取りが必要で、それを過ぎると自動的にキャンセルになって送り返されるらしい。

(フムフム、いつまでも保管できないといことですな。)

 

欲しい商品の配送条件を見ると「通常6日から10日以内に発送」とあります。

地方なのでAmazonの発送センターからの輸送期間に2日見込めばよいでしょう。

(オーケー、到着日に5日のブレを折り込んでと。)

 

ということは出先で受け取りたい日を基点に逆算し、発送日のウインドーと10日の保管期間のウインドーがマージンを持って重なるように発注日を決めて発注すれば、多少到着が前後しても希望日に受け取ることができることになります。

(ハイハイ、簡単簡単、へのカッパ。)

 

出先での日程の都合から7/16ぴったりに受け取りたいので、これを基点にスーパーコンピューターを駆使して逆算したことろ、7/1に発注するのが最も安全マージンが高いという結果を得ました。

 

7/1発注の6日後に発送する場合、コンビニ到着が7/9、受け取り期限は7/19。

7/1発注の10日後に発送する場合、コンビニ到着が7/13、受け取り期限は7/23。

 

つまり、7/13から7/19のウインドーのセンターが7/16なので、前後に3日間の安全マージンがあり、「通常」発送日から多少ズレても大丈夫なはず。

7/1に発注しました。

ここまでパーフェクトに受取日を狙う通販利用者はなかなかいません。

プロのネットショップバイヤー。

 

すると、7/3にAmazon.comからメールが来ましたよ。

『Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

ご注文いただいた商品が、予定より早くお届けできることになりましたのでお知らせいたします。(注文日:2013-07-01) (注文番号:xxx-xxxxxxx-xxxxxxx)

お届け予定日: 2013-07-05 - 2013-07-06

 

えっ?

 

新しいお届け予定日が7/5か7/6?

つまりコレはなんですかな?

もし7/5にコンビニに届くと保管期限は7/15までで受け取りたい日の7/16にはキャンセルされて送り返えされた後ということになってしまいます。

7/6到着ならギリギリ7/16に受け取れます。

(どうするコレ?)

 

7/4にいきなり発送通知メールが。

お届け予定日7/5。

(これはマズイ)

 

7/5にコンビニ受け取り認証キーのメールが。

『ご注文商品がご指定のコンビニに到着いたしましたので、商品をお受け取りいただけます。受取期日は 7 月15 日の 23:59 までです。期日を過ぎた場合はご注文をキャンセルさせていただきますのでご注意ください。』

(やられたー)

 

なにすんねん、Amazon.com

7/16ピッタリに出先で受け取るために緻密に計算されたプランが台無しに。

予定より早く届けることが必ずしも善とは限らないということを、通販のプロたるAmazon.com社が解っていないということろが怖いし、自動メールを一本出して、ラジオボタンか何かで早期発送の意向確認をすれば済んだことなのに惜しい。

期限までに受け取らないと自動的にキャンセル扱いになるので実害は出ないはずだが、

それにしてもお粗末様でした。

 

このサービス、もう使わないとおもいます。

さようならAmazon.com

さようならジベル