2014年

6月

04日

タヌキコーヒー

タヌキコーヒーを飲んでみました。

1グラム1ドルらしいです。

これは頂き物のインドネシア製Kopi Luwakでタヌキ(正確には麝香猫)に生のコーヒ豆を食べさせて、フンに出てくる腸内菌で発酵した豆を洗浄して深煎りしたものです。

タヌキは森の中に落ちている豆の中から美味しいモノだけを選んで食べるので、自然に落ちているフンを集めて作るのが一番良いとのこと。でも、それでは生産効率が悪すぎるので、人の手でエサを与えて生産しているとか。

ベトナムにもイタチを使った同じコンセプトのものがありますが、最近は香料を振りかけたり、化学的に発酵させた偽物がほとんどで、天然の良いモノは全てフランスに輸出するため、ベトナム国内市場にまず出回らないと言われています。仮にホンモノが手に入ったとしても一杯100ドルとか。

 

で、味はいかがかと、聞きたいですか?

その答えは最後に。

タヌキの大腸の味がしました。

(ホント)